電験三種

電験三種の試験範囲

電験3種は、一定の規模の電気設備の保守や運用をする為に必要な国家試験で、電験三種の国家試験に合格すると、第3種電気主任技術者の免状が交付されます。

電験3種は、毎年夏頃実施され冬頃に合格発表されますが、合格率は10%程度で、難関の国家試験と云われます。

ですから、電験3種合格には、梅雨ごろに受験の受付が始まる以前に、電験3種スピード合格術などで受験対策をしておくと良いしょう。

電験三種の試験範囲は、電気理論・計測、電気機器、発電・送電、電気法規の四科目で、文章問題と計算問題があり選択択一形式の回答方法です。

出題範囲は、電気一般の知識が要求されますので広範囲ですから、電験3種合格には、重点学習が最短で合格する近道ではないでしょうか?