電験3種 理論

電験3種の試験科目の一つの電験3種理論は、電気全般の基礎・電気理論の習得を確認する試験です。

電験3種の試験科目「理論」の出題内容は、
電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測となっています。

電験3種を3.5ヵ月で合格できた、電験3種スピード合格術

電験第3種ニューこれだけシリーズ〈1〉これだけ理論

電験3種理論をマンガ・イラストで最も解り易い。やさしい問題→要点。詳しい解説→バイパス解説。ここが要点!チャレンジ問題。

電験3種 理論ライブ講義―最短合格

大手大学受験予備校で物理を教える予備校講師。たとえ話と微積分を使って分かりやすく教える「田原の物理」で、東大、京大をはじめ数多くの超難関大に受験生を合格させる田原 真人著の電験3種 理論。2005年には「物理ネット予備校」をスタートさせ、メールマガジン「楽しいたとえ話で直感的に分かる物理の考え方」は、まぐまぐの殿堂入りの人気メルマガになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


電験3種NEW過去問完全KO作戦 理論編 [DVD-ROM]


出題頻度上位三項目を選び、項目の初めに電験3種 理論の基礎知識の講義を設定し、知識の整理を済ませ後に、不動先生の厳選した過去問に取組めば、項目一つ一つが完全にマスターできる構成内容になっています。DVD付属。


電験第3種ニュー
これだけシリーズ
電験3種 理論ライブ講義
最短合格
電験3種NEW過去問
完全KO作戦 理論編
[DVD-ROM]



電験3種

電験3種

電験3種は、電気主任技術者になる為の国家試験です。
受験資格に制限がなく、誰でも受験する事ができます。

難易度は工業高校電気科卒程度といわれていますが、決して簡単な試験ではありません。

電験合格には電験3種スピード合格術

電験3種の取得のメリットは多く、毎年の受験者は5万人を超えており大変注目されています。

電験3種の合格率は10%以下程度で、計算問題をマスターできれば非常に有利なものだといいます。

特に、数学では3角関数の基本習得が、計算問題を解く鍵となります。文章題や計算問題の解答には、電気理論はもちろんの事、法規までも、3角関数による回答が求められれます。

電験3種の合格には、計算問題を重点的に学習するとよいでしょう。

電験三種

電験三種の試験範囲

電験3種は、一定の規模の電気設備の保守や運用をする為に必要な国家試験で、電験三種の国家試験に合格すると、第3種電気主任技術者の免状が交付されます。

電験3種は、毎年夏頃実施され冬頃に合格発表されますが、合格率は10%程度で、難関の国家試験と云われます。

ですから、電験3種合格には、梅雨ごろに受験の受付が始まる以前に、電験3種スピード合格術などで受験対策をしておくと良いしょう。

電験三種の試験範囲は、電気理論・計測、電気機器、発電・送電、電気法規の四科目で、文章問題と計算問題があり選択択一形式の回答方法です。

出題範囲は、電気一般の知識が要求されますので広範囲ですから、電験3種合格には、重点学習が最短で合格する近道ではないでしょうか?